HOME >性嗜好障害(性依存症)の患者様の声
患者様の声IMPRESSIONS
性嗜好障害(性依存症)の患者様の声
当センターで性障害治療を受けた患者様の声の一部です。

40代 盗撮

自分の思考と性加害の結びつきが全く理解できていなかったのですが、何故・何故と何百回と自問自答していた事に少なからず道筋が見えて来た為です。また自分の存在を否定したくなることも幾度もありましたが、そこに価値を持っても良いような思考になれたのが、私にとって最も有り難く感じられる事でした

40代 痴漢・露出・強制わいせつ

自分の性犯を繰り返して来た根本原因を認識することが出来ました。また、目標を持ち生活をしていくことにより、性犯をしたいという思いが少なくなることを教えて頂き、QOLを向上させて行くように考えて行こうと思うようになりました

10代 痴漢

自分のおこした犯罪をちゃんと考え電車の中なのでけいたいや本を読んでおさえるなど色々に役に立つことがあります。それに自分のしたことによって、相手もどんな気持ちでいるのかということを考え電車の中などでおさえることができています。

50代 強制わいせつ・強姦

治療グループに移る前から通算すると1年7ヶ月になります。やっと私にとって本当に大切なものに気付くことができたように思います。「家族の笑顔」と一緒にいたい。失いたくない。現在、その想いで日々を過ごしており、これからもずっと考えていこうと思えているからです。

50代 痴漢・盗撮

どのような行為(犯罪)にも、被害者側には全く非がなく、悪いのは加害者という考え方を認識したこと。行動する際に、相手の気持ちを考えてから行動すべきという考え方。

30代 盗視

事件の記憶を風化させず、自分が犯した過ちの重大さを意識できる。同じ問題を抱えた方々に触れ合うことで、再犯防止に向けた取り組みを行うことができた

50代 痴漢・盗撮

自分がどのような状態で問題行動を起しやすいのか、またそういった気持ちになった時に行動に移さない為の方法を具体的に理解し、練習することができた。Home Workを通じて、今まで避けて通って来た「自分と見つめなおす」「行動や考え方のパターンを知る」という作業ができた。

30代 強姦未遂・強制わいせつ

人には話せないようなこともメンバーで話し合え、再犯しない為の同志のような意識が高かった。自分の居場所ができていた。自分のこと(性に関しても)を見つめ直すことができた。加害のことを客観的に考えることができた。自分に対して肯定的であろうと思えた。

30代 露出

自分のおちいってしまっていた認知の歪みに気付く事が出来、それに対する対処の方法を学べました。また立場の似た人達の話を聞いてより自分について気付かせてもらえました。自分だけが特別ではなく、皆1人1人が特別、それを大切にして自分も大切にすればアサーティブに生きられると思います。

10代 痴漢

心理士の人や同じグループの人と話し合ったりして、自分では思いつかないような考えを見つけることができたりして、考える力が身についた。相手の気持ちを考えることの大切さがわかった

40代 痴漢

自らの犯罪がどのような条件下で発生する(しやすい)のかを学び、気付くことで、再犯防止の取り組みを考えることに役立った。グループセッション式だったため、他の人の取り組みや考えを聞くことで自らの気付きや考え方に役立った。何よりも月に最低1回は、罪のことを考える時間を持てたことが戒めにつながりました。

40代 痴漢

自分の考えだけでなく、同じ境遇の複数の方々と意見交換することができたのでとても参考になりました。特に、今後の人生に具体的な目標を持ち、前向きな気持ちで生活し、人生の質の向上を目指そうという気持ちになることできました。また、今後のリスクについての具体的な対処法についてもしっかり考えることができたので、再犯防止の自信がついたと思います。

20代 痴漢

自分がとったある行動を振り返り「その時の気持ち」「その時の認知」「体の感覚」を思い出すプロセスを何度かやった結果、自分のことが少しずつ見えるようになってきて、性の問題以外の場面での行動や思考にも活かせるようになった。また、そう簡単に人には言えない問題を共有している人同士で話し合い、考えることが不安を和らげたり、参考になることがあったりしました。

10代 盗撮

自分がまた同じ過ちをしないために、自分のしたことを見つめ直して、対策や責任について学び、自制する力を身につけられたと思っている。考え方のクセや犯罪に至るまでの状態をどうすればいいかなどを時間をかけながらグループの人や先生と一緒に考えて、自分では絶対再犯をしないと強く思えるようになった。

10代 露出・強制わいせつ

加害行為をするときの心理状態や予防法などを学べた事はもちろん、このセッションを受けてから不思議と以前ほど人見知りをしなくなり、知り合いがいない状況でもすぐにうちとけられたり、自信を持って意見を言ったりできるようになった。

電話東京03-5326-3370電話大阪06-7668-8321電話福岡092-287-9599

  • 性障害治療希望者の方へ
  • 性障害患者のご家族の方へ
  • 弁護士の方へ
  • 裁判、社会復帰支援

守秘義務は徹底して守ります。安心してお問い合わせください。

電話東京03-5326-3370

電話大阪06-7668-8321

電話福岡092-287-9599

電話受付時間 平日10時〜17時

お問い合わせフォームはこちら