被害者を生まないためには加害者をなくすしかないと気づいた
被害者を生まないためには加害者をなくすしかないと気づいた
日本で唯一の性犯罪・性依存治療専門医療機関。
認知行動療法・薬物療法での治療から、裁判・社会復帰支援まで対応いたします。

自分の家族や知人が性犯罪者だと知ったら、どう思いますか?
加害者が出所したり、執行猶予になったら、被害者やその家族の方はどう感じるでしょうか?
性犯罪者は、あなたの意外に身近にいるかも知れません。

性犯罪行為の多くには中毒性があります。防犯・再犯防止のために適切な治療や処遇プログラムを含む包括的な社会システムがない限り、性犯罪は決してなくなりません。
そして被害者は増え続けるのです。

日本においては性犯罪治療は一般精神医療として認められておらず、対策はまったくなされていません。性障害専門医療センターでは、外来治療にて、認知行動療法や薬物療法を提供します。日本で唯一の性障害治療専門機関です。
性犯罪被害者をゼロにするために性犯罪加害者をゼロにする、それがわれわれNPOの使命です。

AERA「現代の肖像」に取り上げられました

(記事のPDFファイルをダウンロード)

AERA「現代の肖像」に取り上げられました

(記事のPDFファイルをダウンロード)

お知らせ

更新情報

2016年2月29日
内閣府委員会に委員として参加しました。
2016年2月8日
AERA No.6号に当センターの意見が掲載されました。
2016年1月30日
毎日新聞に当センターの意見が掲載されました。
2016年1月26日
警察庁で報告を行いました。
2016年1月15日
警察大学校で講演を行いました。
2015年12月1日
平成27年度内閣府被害者週間イベントで講演しました。
2015年11月19日
NHKあさイチ「痴漢抑止バッチ」の特集で当センターの意見が放送されました。
2015年11月16日
Japan Timesに当センターの意見が掲載されました。
2015年11月14日
西日本新聞・朝日新聞DIGITAL「特集 性暴力の実相」に当センターの意見が掲載されました。
2015年11月9日
BS-TBS「にっぽん!歴史鑑定#31.阿部定は悪女だったのか?」に当センターの意見が放映されました。
2015年10月21日
警察大学校で講演を行いました。
2015年10月3日
仙台で行われた日本認知・行動療法学会 第41回大会にて実践報告をしました。
2015年10月3日
朝日新聞に当センターの意見が掲載されました。
2015年9月29日
愛知県警本部講堂にて「ストーカー行為者の特性、対応要領等について」講演を行いました。
2015年9月24日
さいたま新都心合同庁舎会議室にて「性犯罪者及びストーカー:加害者の病理とその対処方法について」講演を行いました。
2015年9月21日
中日新聞に当センターの意見が掲載されました。
2015年9月18日
週間朝日9・18増大号に当センターの意見が掲載されました。
2015年9月17日
Yahoo!ニュースに当センターの意見が掲載されました。
2015年9月17日
京都府警で「ストーキングの危険度と目安について」講演を行いました。
2015年9月8日
関東管区警察学校で「DV・ストーカー専科」の講義を行いました。
2015年9月4日
山梨県弁護士会会館大会議室にて「累犯窃盗障害者の病理と情状弁護:クレプトマニアと前頭側頭葉型認知症について」講演を行いました。
代表著書
ストーカー病

ストーカー病

歪んだ
妄想の暴走は
止まらない

福井裕輝

「恨みの中毒症状」の治療なしに、
被害者は減らせない