HOME >治療希望の方へ > 司法サポートプログラム
司法サポートプログラムSUPPORT PROGRAM
司法サポートプログラム

性障害専門医療センターでは、裁判中の性犯罪加害者が、円滑に社会復帰をして再犯を起こさないために、治療に向けてのサポートプログラムを実施しております。
プログラムには以下の3つがあり、個別でも並行しても利用が可能です。

プログラム内容

(1)意見書
(2)治療計画書
(3)内省プログラム

| (1) 意見書

精神科医が面談・執筆し、ご依頼人様の病気の可能性、犯行への影響、治療可能性と内容、予後等について詳細に加筆いたします。
本意見書は、裁判所への提出が可能です。

社会復帰後は後依頼人様が当センターにて治療を継続的に受ける旨を宣誓する宣誓書に署名していただきます。またご希望がございましたら、治療引受書(5,000円(税別))を発行いたします。
治療引受書は原本を裁判所に、宣誓書は原本をこちらであずかり、コピーを裁判所に提出していただけます。


(1)意見書作費用

@担当者が拘置所・留置所などにうかがう場合

作成費用:200,000円(税別)

交通費:実費

日当:東京23区内→7,500円(税別)/ その他→15,000円(税別)

A保釈中の場合等、ご依頼人様がセンターに来られる場合

作成費用:200,000円(税別)

アセスメント費:20,000円(税別)

※関西方面の方が保釈になり意見書をご希望の場合は、当センターの精神科医がいる東京にお越し頂きます。

(2)意見書の不同意など、精神科医の出廷を求められた場合

精神科医の出廷費用:150,000円(税別)

交通費:実費

日当:東京23区内→7,500円(税別)/ その他→15,000円(税別)

| (2) 治療計画書

臨床心理士が面談、執筆し、今後当センターにて治療を行うことを想定した計画の文面になります。 性加害行為に関連すると思われるご依頼人様の心理的特徴と、それらに基づいた治療方針を中心した内容になります。
本治療計画書は、裁判所への提出が可能です。
社会復帰後は後依頼人様が当センターにて治療を継続的に受ける旨を宣誓する宣誓書に署名していただきます。またご希望がございましたら、治療引受書(5,000円(税別))を発行いたします。
治療引受書は原本を裁判所に、宣誓書は原本をこちらであずかり、コピーを裁判所に提出していただけます。

(1)治療計画書作成費用

@担当者が拘置所・留置所などにうかがう場合

作成費:70,000円(税別)

交通費:実費

日当:関東4都県と大阪府内→5,000円(税別)
    それ以外の地域→10,000円(税別)

A保釈中のご依頼人様がご来院された場合

作成費:70,000円(税別)

アセスメント:20,000円(税別)

※どちらの場合も、治療引受書の発行料(5,000円)を別途お支払いただきます。

(2) 治療計画書が不同意になった場合

心理士の出廷費用:30,000円(税別)

交通費:実費

日当:関東4都県、大阪府内、福岡県内→5,000円(税別)
    それ以外の地域→10,000円(税別)

| (3) 内省プログラム

自分が行ったことを真に振り返り、反省を促すプログラムです。
その行動を実行した理由、被害者の気持ちなどについても考えます。

公判まで実施が可能で、公判から社会復帰した後は通常の治療プログラムが始まります。
どの形式においても、社会復帰後は後依頼人様が当センターにて治療を継続的に受ける旨を宣誓する宣誓書に署名していただきます。またご希望がございましたら、治療引受書(5,000円(税別))を発行いたします。
治療引受書は原本を裁判所に、宣誓書は原本をこちらであずかり、コピーを裁判所に提出していただけます。

(1)保釈中など来院が可能な方

保釈内省グループ

保釈中など来院が可能な方には、保釈内省グループがございます。
月に1回3時間のセッションと、2回程度の宿題(郵送でのやり取り)を行います。

費用は、月25,000円(税別)です。
※グループ参加前にご入金いただきます。
遠方の方にはSkypeでセッションを行うSkype内省プログラムも設けております。

(2) 拘留中の方

拘留中の方には、担当者が拘留先に伺う出張内省プログラムや、遠方の場合は書面でのやり取りを行う書面内省プログラムがございます。

出張内省

月1回程度の担当者による接見と、2回程度の宿題(郵送でのやり取り)を行います。

費用:費用:12,000円(税別)

交通費:実費

日当:関東4都県と大阪府内→5,000円(税別)
    それ以外の地域→10,000円(税別)

書面内省

1往復:7,500円(税別)で、書面でのやりとりを行います。

その他

※治療経過の報告書は30,000円で発行しております。
※性ホルモン療法(抗アンドロゲン剤)の併用も行っています。
男性ホルモンの生成を減少させ、性的欲求などを軽減することが期待できます。
抗アンドロゲン剤を使用した性犯罪者群と、使用しなかった性犯罪者群の比較研究では、未使用群では3分の2が再犯をし、使用群では性犯罪の再犯が皆無であったことが示されています。
ご希望の方、または検討したい方は、精神科医の診察をご予約ください。お薬代は月5,000円程度です。

| 連絡先

司法サポートプログラムのご相談は、お問い合わせフォーム、メール、もしくは電話でご連絡ください。
電話受付時間: 平日:10時〜17時 *土日祝は電話による受け付けはしておりません。

電話東京03-5326-3370電話大阪06-7668-8321電話福岡092-287-9599